2019年9月20日金曜日

9月第4週の献立表(9月22日~9月28日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。
『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。
当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病院である赤枝病院の栄養士が知恵を絞り、更に栄養課にて心を込めて作っています。
(※ 当クリニックでは昼食のみのご提供となります。)

2019年9月13日金曜日

Happy Halloween!!














10月31日はハロウィンです。
近年日本でも身近な行事になりました。

ハロウィンといえば 仮装 !!
そしてなんといっても仮装パーティ!!
子供たちは「トリック オア トリート」と言って、
お菓子を貰ったりとても楽しいイベントです。

ちなみに、トリック オア トリート とは、
「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」 という意味です。

ハロウィンの食事でイメージするのは“カボチャ

カボチャスープやカボチャグラタン、
お化けサラダや、ジャックオーランタンシチュー もかわいいですよ。
皆様も色々アレンジして楽しいハロウィンパーティー をしてみて下さい!! 



























9月第3週の献立表(9月15日~9月21日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。
『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。
当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病院である赤枝病院の栄養士が知恵を絞り、更に栄養課にて心を込めて作っています。
(※ 当クリニックでは昼食のみのご提供となります。)

2019年9月6日金曜日

9月第2週の献立表(9月8日~9月14日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。
『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。
当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病院である赤枝病院の栄養士が知恵を絞り、更に栄養課にて心を込めて作っています。
(※ 当クリニックでは昼食のみのご提供となります。)

2019年8月30日金曜日

9月第1週の献立表(9月1日~9月7日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。
『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。
当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病院である赤枝病院の栄養士が知恵を絞り、更に栄養課にて心を込めて作っています。
(※ 当クリニックでは昼食のみのご提供となります。)

水虫(白癬)と閉塞性動脈硬化症











閉塞性下肢動脈硬化症とは
動脈硬化が進行し、血管が狭くなることによって
引き起こされる血管の病気です。
特に、糖尿病、高血圧、高脂血症などがリスク因子となっておこります。

上記の他、腎機能不全も閉塞性動脈硬化症の
リスク因子として上げられます。
症状としては、歩行障害(間欠性跛行)や
血流低下による足の痛み、
足の冷えやしびれなどが不定期に出現します。
痛みはふくらはぎに出る事が多いと言われています。

この他、だるさや こむら返りなどの症状も認めます。
この閉塞性動脈硬化症は、水虫やタコいぼ、
外反母趾など足先の変形や炎症などがあると、
症状を悪化させやすく重症化しやすいと言われています。
早期発見、早期治療で、悪化を防ぐことはとても大切です。

気になる症状がみられた時は、出来るだけ早くスタッフにお知らせ下さい。

2019年8月23日金曜日

8月第5週の献立表(8月25日~8月31日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。
『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。
当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病院である赤枝病院の栄養士が知恵を絞り、更に栄養課にて心を込めて作っています。
(※ 当クリニックでは昼食のみのご提供となります。)

9月第4週の献立表(9月22日~9月28日)

三保の森クリニックで、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。 いわゆる『透析食』は、水分・塩分・リン・カリウム等の制限が多い食事となります。 『我慢』が必要な食事は、やっぱりどこか寂しいもの。 当クリニックでは、患者様にとってお食事が楽しみであり続けられるよう、母体病...